忍者ブログ
HOME > > [PR] > Amazon > Orchestrion |Pat Metheny RSS   Admin NewEntry Comment
新刊・新情報・新製品・あたらしいもの
  • 2017.10≪
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • ≫ 2017.12
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

OrchestrionOrchestrion
Pat Metheny
Nonesuch
発売日 2010-01-26
定価:¥1,820(税込)
価格:¥1,814(税込)
発送可能時期:通常1〜3週間以内に発送
オススメ度:★★★★



英語力に自信のない人は、ぜひ日本盤を 2010-02-01
音楽を聴くとき「理詰め」で聴くことほどナンセンスなことは無い。

それは重々分かっている。突き詰めれば「好き嫌い」の世界であるので。



だが、この作品はぜひこの音楽の誕生した背景を十分理解した上で聴いていただきたい。

それが邪道だとしても、また、音楽理論なんか中学校で学んだレベルだと言う人間には(私自身がそう)関係ないと思われようが。



音符がどうとかいう七面倒くさい話ではないが、「オーケストリオン」を作り上げたパットの言うことを一通り知ってから鑑賞すると楽しみが倍加することは確実。



普通音楽を理詰めで作るとクラシックの「現代音楽」に行き着く。実はパットの音楽も制作方法やアプローチの仕方はこれに近いものがある。だが生まれてくるものが全く違う。ポピュラリティを備えた万人に受け入れられるものに仕上がる。だが彼が考え続ける音楽は「音がする」と言うレベルから考え抜かれたものであることが、本作と本作にかかわるパットの発言でくっきりと浮かび上がる。



本作のライナーにはそうしたパット考えが長文で収録されています。他にもWeb上に日本人によるインタビューが見られます。

パットのオフィシャルサイトにも大量の情報があります。

ぜひともそうしたことを理解して楽しんでもらいたいです。



で、このレビューのタイトルとなるわけです。














さらに詳しい情報はコチラ≫


この記事は2010/2/3に作成しました。
PR
[1496]  [1495]  [1494]  [1513]  [1509]  [1455]  [1435]  [1434]  [1433]  [1432]  [1431
カウンター
お勧めコンテンツ




























speedtraffics.biz HUBEE EXCHANGE トラフィックエクスチェンジミラクルアップ 【もっとアクセスUP】- もっとアクセスアップ(トラフィックエクスチェンジ型アクセスアップツール)
Traffic Panic.com
プロフィール
HN:
kage724
性別:
男性
自己紹介:
静岡県富士市出身
長野県小諸市在住
お勧めコンテンツ



あおもりうまいもん市場

賞金ゲット!誰でもロト!open Loto





マイクロアドBTパートナーでおこづかいゲット!

商品無料仕入れ戦隊『電脳卸』

























LuxuryMail

忍者アド
ブログ内検索
あたらしもん好き Produced by kage724
日めくりカレンダーBLUE Designed by がりんぺいろ
忍者ブログ [PR]