忍者ブログ
HOME > > [PR] > Amazon > 野武士のグルメ |久住 昌之 RSS   Admin NewEntry Comment
新刊・新情報・新製品・あたらしいもの
  • 2017.05≪
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • ≫ 2017.07
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

野武士のグルメ野武士のグルメ
久住 昌之
晋遊舎 刊
発売日 2009-01-24
価格:¥1,050(税込)
発送可能時期:在庫あり。
オススメ度:★★★



泉昌之というコンビの素晴らしさを再認識 2009-02-07
泉晴紀氏とのコンビで泉昌之名義で発表されるマンガは何冊も読んでいる。また、谷口ジローの大ファンでもあるので「孤独のグルメ」も読んでいるから、97年のオリジナル版と文庫の巻末に収められている久住氏のエッセイは読んだことがある。この作品の巻頭に収録されている「釜石の石割桜」がそうだ。細部に改稿はあるがタイトルも内容も同じだ。ただ、改稿に際しきちんと「10年ほど前の話」という言葉を入れる律儀さが久住氏らしい。



原作者としての久住氏の作品は読んでいたものの、彼の文章(エッセイ)をまとめて読むのは初めてだったのだが、こうして読んでみると泉昌之というマンガ家の世界の大きな部分を久住氏が占めていることがわかった。



だが、なんとなく物足りない気がするのは、結局、律儀な線でくどい泉氏の絵があってこそ原作者久住氏の世界が生きるということなのだろうと思う。最後まで、孤独のグルメの「井之頭」や泉晴之名義で発表される作品の多くに登場する「本郷」を思い浮かべながら読んでしまうことになってしまい、なんともむずがゆかった。



だけど、文章で描かれる世界とマンガで描かれる世界が一致しているように感じられるということを改めて考えてみると、泉昌之というコンビは実に素晴らしいコンビだと思う。






さらに詳しい情報はコチラ≫


この記事は2009/3/1に作成しました。
PR
[1061]  [1060]  [1059]  [1069]  [1065]  [1026]  [1011]  [1009]  [1008]  [1007]  [1006
カウンター
お勧めコンテンツ




























speedtraffics.biz HUBEE EXCHANGE トラフィックエクスチェンジミラクルアップ 【もっとアクセスUP】- もっとアクセスアップ(トラフィックエクスチェンジ型アクセスアップツール)
Traffic Panic.com
プロフィール
HN:
kage724
性別:
男性
自己紹介:
静岡県富士市出身
長野県小諸市在住
お勧めコンテンツ



あおもりうまいもん市場

賞金ゲット!誰でもロト!open Loto





マイクロアドBTパートナーでおこづかいゲット!

商品無料仕入れ戦隊『電脳卸』

























LuxuryMail

忍者アド
ブログ内検索
あたらしもん好き Produced by kage724
日めくりカレンダーBLUE Designed by がりんぺいろ
忍者ブログ [PR]