忍者ブログ
HOME > > [PR] > Amazon > 学校の先生が国を滅ぼす |一止羊大 RSS   Admin NewEntry Comment
新刊・新情報・新製品・あたらしいもの
  • 2017.07≪
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • 31
  • ≫ 2017.09
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

学校の先生が国を滅ぼす学校の先生が国を滅ぼす
一止羊大
産経新聞出版 刊
発売日 2009-10-31
価格:¥1,680(税込)
発送可能時期:在庫あり。
オススメ度:★★★★



このレポートは、衝撃的です。 2009-12-30
随分過激なタイトルがつけられていると思いましたが、一読して、これ以外につけようがなかったことがわかりました。学校が、こんなになっていたことに全く気が付いていませんでした。これが、本当に先生と言われる人たちの行動なのか、という思いで一杯です。このレポートは、5年間に渡って公立の養護学校で繰り広げられた、校長先生の闘いの物語です。学校という組織を余り詳しく知りませんでしたので、驚きの連続でした。転勤もなければ、懲戒行為もなく、破り年休という俄かに信じがたいような労務慣行。トラブルが出れば教育委員会が責任を問われるので、誰もが口を閉ざして、事実上先生方のやりたい放題になっていたとは。おまけに今の日本で、国旗を掲揚しないし、君が代も歌わせないし、国旗も国家も認めないという人たちがいて、依然として階級闘争を繰り広げている場所があったということは驚愕です。学校の先生方と話をすると、浮世離れしたところがあって、職業的な違いを感じたりしたことがあったのですが、やはり違っていたのですね。学校の問題は、イジメや学級崩壊、学力の低下、不登校、ニート、援交といった子供達の側のことばかり目を奪われていましたが、その子供達を守るべき先生が、この有様では益々事態は悪くなる一方でしょう。著者は、程度の差こそあれ、どの公立学校も同じようになっていると書かれています。文部科学省は、隠されている事実を公にして、100年の計として、教育改革を行うべきでしょう。このレポートは、衝撃的です。勇気を持って公表された著者に頭が下がります。


さらに詳しい情報はコチラ≫


この記事は2010/1/1に作成しました。
PR
[1438]  [1436]  [1441]  [1439]  [1469]  [1398]  [1385]  [1384]  [1383]  [1382]  [1381
カウンター
お勧めコンテンツ




























speedtraffics.biz HUBEE EXCHANGE トラフィックエクスチェンジミラクルアップ 【もっとアクセスUP】- もっとアクセスアップ(トラフィックエクスチェンジ型アクセスアップツール)
Traffic Panic.com
プロフィール
HN:
kage724
性別:
男性
自己紹介:
静岡県富士市出身
長野県小諸市在住
お勧めコンテンツ



あおもりうまいもん市場

賞金ゲット!誰でもロト!open Loto





マイクロアドBTパートナーでおこづかいゲット!

商品無料仕入れ戦隊『電脳卸』

























LuxuryMail

忍者アド
ブログ内検索
あたらしもん好き Produced by kage724
日めくりカレンダーBLUE Designed by がりんぺいろ
忍者ブログ [PR]