忍者ブログ
HOME > > [PR] > Amazon > よくわかる中国料理基礎の基礎 |吉岡 勝美 RSS   Admin NewEntry Comment
新刊・新情報・新製品・あたらしいもの
  • 2017.10≪
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • ≫ 2017.12
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

よくわかる中国料理基礎の基礎よくわかる中国料理基礎の基礎
吉岡 勝美
柴田書店 刊
発売日 2007-04
価格:¥5,460(税込)
発送可能時期:在庫あり。
オススメ度:★★★★★



噛んで含める中華料理:家庭でも価値あり 2008-03-27
いわゆる「専門料理」のコーナーに並んでいる大型の料理本。些か高価だし、手に取りにくいかもしれない。しかし、実際に中華料理を作るにあたって、ここまで懇切丁寧に述べている本はそう見あたらない。どうして家庭で作る炒飯が、中華飯店で出てくるものに比べて見劣りがするのか、よくわかる。そして実際に本の通りに作ってみると(勿論プロの腕には遠いものの)目に見えてグレードアップした炒飯ができろのである。これを読んでから、密かに厨房の見えるような店に通って盗み見ているのだが、その動作ひとつひとつの意味が非常によくわかるようになった。通常の料理書では、料理をわかりやすく、親しみやすくするために、いろいろなところで妥協し、肝腎な技術について簡単に書きすぎている、すなわち特殊性をカットしすぎるきらいがある。鍋の持ち方、振り方についてどうするのか、そして失敗例についてはなぜだめだったのか、細かい記述がこの本にはある。多くの鍋や料理器具を駆使するフランス料理などと違って、中華料理は基本的に中華鍋(せいぜい後は蒸籠かザーレン)ひとつでできる、経済的な料理技術である(包丁とまな板は今ので十分)。一度挑戦してみようとするなら、楽しめて役に立つ一冊。


さらに詳しい情報はコチラ≫


この記事は2009/3/17に作成しました。
PR
[1110]  [1109]  [1108]  [1107]  [1132]  [1105]  [1078]  [1077]  [1076]  [1075]  [1074
カウンター
お勧めコンテンツ




























speedtraffics.biz HUBEE EXCHANGE トラフィックエクスチェンジミラクルアップ 【もっとアクセスUP】- もっとアクセスアップ(トラフィックエクスチェンジ型アクセスアップツール)
Traffic Panic.com
プロフィール
HN:
kage724
性別:
男性
自己紹介:
静岡県富士市出身
長野県小諸市在住
お勧めコンテンツ



あおもりうまいもん市場

賞金ゲット!誰でもロト!open Loto





マイクロアドBTパートナーでおこづかいゲット!

商品無料仕入れ戦隊『電脳卸』

























LuxuryMail

忍者アド
ブログ内検索
あたらしもん好き Produced by kage724
日めくりカレンダーBLUE Designed by がりんぺいろ
忍者ブログ [PR]